0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

2015年度合格
山口 元気さんの合格体験記

山口 元気さん

山口 元気 さん(24)短期合格午前の部1位

草野先生のおかげで、午前1位合格

受験回数 3回
出身大学 東北学院大学 法学部
受講講座 2013年新15ヵ月合格コース<春生>
2014年実践力PowerUp合格パック
2015年パーフェクトローラー合格ライトパック

司法書士を目指した理由・きっかけ

法学部に入学当初、大学の講義の教科書は難解な文章ばかりでまったく理解できずもどかしさを抱えていました。それを解消しようと本屋で参考書を漁っていると、一冊だけ分かりやすい文章で、かつ、あの無味乾燥だった法律が彩りを与えられたかのように面白いと感じさせてくれる本がありました。大学3年生になり、進路を模索していると司法書士という職業を知り、あることに気付きました。なんと、その以前買った参考書が司法書士の受験指導に携わる森山先生の著書だったのです。そして、その森山先生がLECで教鞭を執っていることを知りました。「もう司法書士しかない、神が俺に司法書士になるレールを敷いている」と馬鹿げた思いで目指す決意をしました。

LECを選んだ理由、および講座を選んだ理由

法学部に入学当初、大学の講義の教科書は難解な文章ばかりでまったく理解できずもどかしさを抱えていました。それを解消しようと本屋で参考書を漁っていると、一冊だけ分かりやすい文章で、かつ、あの無味乾燥だった法律が彩りを与えられたかのように面白いと感じさせてくれる本がありました。大学3年生になり、進路を模索していると司法書士という職業を知り、あることに気付きました。なんと、その以前買った参考書が司法書士の受験指導に携わる森山先生の著書だったのです。そして、その森山先生がLECで教鞭を執っていることを知りました。「もう司法書士しかない、神が俺に司法書士になるレールを敷いている」と馬鹿げた思いで目指す決意をしました。

中上級講座の良かった点

実践力パワーアップ講座や択一&記述パーフェクトローラーで根本先生の講義を受講していました。根本先生の特徴はなんといっても「記憶に残る講義」でしょう。百聞は一見に如かずですので、無料公開講義などで根本先生の講義をご覧になってください。講義中の寸劇のおかげで、わたしは幾度となく救われてきました。また、講義では枝葉末節な知識ではなく、「本質重視の講義」を展開されていました。今思えば、本質を理解・イメージできていたからこそ、直前期に細かい知識を詰め込んでも、地に足がつき、安定して点数をとれていたのだと思います。

森山講師のここが良かった!

森山先生の講義の一番の特徴は「わかりやすさ」であると思います。長きに渡って抱いていた疑問点を、そのわかりやすさで一瞬にして解きほぐされた時、あまりの感動でテレビ越しに涙したこともありました。それと個人的なエピソードなのですが、2年目の本試験後、東京にいる森山先生に結果報告に伺った際に「ピンチは、チャンス」と色紙にサインを頂いたのですが、10月に先生が仙台にいらっしゃった際、「チャンスのスペル間違ってたかも!」と、わざわざ新しく書き直した色紙を東京から持ってきていただいたときは、本当に驚きました。人間的にも尊敬できる素晴らしい先生です。

お世話になった草野先生について

草野先生には合格まで3年という長きにわたりお世話になりました。新15ヵ月合格講座の草野クラスでは、講義前と休憩中に草野クラスオリジナルの択一問題と、不動産登記法の書式ベーシックを1問解くというルーティーンがありました。また、講義終了後にほぼ毎回質問させていただき、2年目以降も模試や答練を受け、分からない問題があればその都度解説をお願いしてきましたが、一度たりとも嫌な顔せず答えてくださいました。2年目の試験直前は一週間で体重が5Kg落ちるくらい精神的に不安定で、思わず泣きついてしまったこともありましたが、「それはお前が頑張ってきた証だ。」と、結果は不合格ながら悔いなく自分の力を全て出し尽くすことができたのも、先生のその励ましの一言があったからです。わたしの中ではまるで、第二のお父さんのような存在でした。そして草野先生から学んだもっとも大きなものは、「自分の考えを述べる力」でした。自分の考えを正面から述べ、それに対して責任を取る事は実務では当然必要な力ではありますが、司法書士試験においても必ず「未知の問題」が出題され、自分の考えが如何なるものかと解答を求められ、それが間違っていればもう一年受験生活を送らなければならないという覚悟と責任が必要ではないかと思います。合格した3年目の直前期は、常に草野先生の姿を頭に浮かべ、「本試験では草野先生のように臆せず堂々と自分の考えを述べてこよう、それでダメならもう1年この生活を送る責任を取る!覚悟をもて!」と鼓舞し続け、本試験では午前で満点を獲得することができました。私が司法書士になれたのは他ならぬ草野先生のおかげです。本当にありがとうございました。

徹底の重要性

「知識をつける」ことも重要ですが、本試験のたった1日に、364日かけて身につけた「知識を出し切る」側面も非常に重要だと思います。私は、「知識を出し切る」事についても日本で誰にも負けないくらい徹底するようにしていました。具体的には、試験会場に慣れるために試験監督のバイトをしてみたり、もらった試験問題用紙を枕元に置き、毎晩触って紙の感触やインクの濃さを見てみたり、記述問題の答案構成用紙は本試験でもらったもののコピーを必ず使うようにしていました。本試験当日は「いつもどおり感」に満たされ、自分の力を最大限発揮できたと思います。そして何より「徹底」は、直前期にもしかしたらダメかもしれないという不安を一掃する「自信」の源となりました。裏を返せば、司法書士試験の受験生活を通して、「信」じるに値する「自」分は、一朝一夕で得れるものではないのだと経験することができました。

模試の良かった点や学習への役立て方

いうまでもありませんが、問題の質は非常に高かったと思います。そしてなにより「業界一を誇る受験者数」は、模試でありながら、まるで本試験会場にきているのではないかと錯覚してしまうほどの「緊張感」を生み出していました。LECの模試以外でこのような体感を味わうことはありませんでした。

これから司法書士試験合格を目指す方へのアドバイス

司法書士試験は知識が膨大なため、勉強の範囲を明確にしないとどうしても手を広げすぎてしまいます。その結果、本試験当日に知識があやふやになってしまい、やったことがあるのに思い出せない、迷ったあげく時間を費やしたにもかかわらず間違ってしまう、という「最悪の事態」に陥ってしまう可能性があります。司法書士試験は、「膨大な知識量との戦い」であり、そこを避けて合格は難しいと思い、ある程度の量はこなさなければならないことを意識し続けました。具体的には、合格ゾーン過去問題集と六法を読み込み、特に六法は手垢で臭くなるくらい読み込みました。この考えをもってから、どんなに悪くても精撰答練[ファイナル編]・全国公開模試すべてで基準点を割ることなく安定した成績を取れるようになりました。「絞り込み」は「最悪の事態」を避けることができますが、平成26年の午前のようなマイナー分野が多数を占めるような問題が出題されてしまえば点数は大きく下落します。しかもそれが年に一度の本試験で出題されたことを想像してみて下さい。わたしは専業受験生でしたので、働きながら勉強されてる方や、主婦の方など、すべての方々に自分の考えが当てはまるわけではありません。ただ、絞り込みには大きなメリットがある反面、デメリットもあるということを意識して日々の勉強に取り組んでいただければと思います。

どのような司法書士になりたいか

自分一人で合格できたわけではないので、そういった自分を支えてくれた人への恩返しをしたいのと、自分に関わったことのない人を笑顔にできる法律家になりたいです。最後に、こんな私が合格率3%という難関の司法書士試験に合格できたのは、草野先生をはじめとする実力派LEC講師陣、受験環境を可能な限りサポートしてくれ、直前期は夜遅くまで自習室に粘っていた自分にも「お疲れ様でした!」と毎日一声かけてくれた仙台本校のスタッフの方々、そして毎日お弁当を作り続けてくれた母や生活費を稼いでくれた父、講座代を出してくれたおじいちゃん、ずっと応援てくれた弟と妹の支えがあったからです。自分一人の力では到底合格することはできませんでした。心の底から感謝しています。本当に本当にありがとうございました。

合格者体験記・合格座談会
2020年度 合格体験記 2019年度 合格体験記 2018年度 合格体験記 2017年度 合格体験記 2016年度 合格体験記 2015年度 合格体験記 2014年度 合格体験記
一発合格者がLECを選んだ理由とは
2019年合格者に聞く 2018年合格者に聞く 2017年以前の合格者に聞く
合格者からのメッセージ
2021年度 合格者からのメッセージ 2020年度 合格者からのメッセージ 2019年度 合格者からのメッセージ 2018年度 合格者からのメッセージ
関連コンテンツ
LECで学んで1位合格 令和3年度合格者×LEC専任講師 対談動画 令和2年度合格者×LEC専任講師 対談動画 2019年度 最年少合格者インタビュー 2016年度 最年少合格者インタビュー

PAGE TOP