0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

大塚 裕史の刑法講座シリーズ

大塚 裕史の刑法講座シリーズ
講座ラインナップ
『基本刑法』読み込み講座
『応用刑法』解析講座
『基本刑事訴訟法』読み込み講座
3時間でマスターする!刑法重要テーマ攻略講座
司法試験〈刑法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜
予備試験〈刑法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜
予備試験〈刑事訴訟法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜
基本刑法「実践演習」講座
『ロースクール演習刑法』徹底解析講座

『基本刑法』読み込み講座

(全20回/60時間)

講座概要
刑法の基本書の定番『基本刑法』を著者自ら解説。学説の対立が激しい刑法においては、「判例説」を通り一遍の学習で済ませている方も多いと思われます。本講座では、論点の本質に遡り講義していくため、どのような出題に対してもブレることない骨太の理解を得ることができるようにします。

『応用刑法』解析講座

(全20回/60時間)

講座概要
本講座は、『法学セミナー』(日本評論社)に連載の「応用刑法Ⅰ(総論)」、「応用刑法Ⅱ(各論)」を教材に、執筆者である大塚先生自ら、刑法の各論点について詳説していく講座です。近年の司法試験では、学説対立型の問題が出題されていますが、そのような出題に対応できるよう、正確な理解を身に付けていきます。

『基本刑事訴訟法』読み込み講座

(全15回/45時間)

講座概要
刑事訴訟法の基本書『基本刑事訴訟法Ⅰ手続理解編』、『基本刑事訴訟法Ⅱ論点理解編』を教材として、講義を行います。基本書を読んだだけでは中々理解しにくい論点編を中心に、深く正確に理解することが出来るようにします。

3時間でマスターする!刑法重要テーマ攻略講座

(全15テーマ/各3時間)

講座概要
刑法に強くなるには、苦手のテーマを克服し、少しでも多くの得意分野を作ることが肝要です。本講座は、司法試験・予備試験頻出の重要テーマを1回3時間という限られた時間の中で一気に合格レベルに到達できる実力を養成する特訓講座です。毎回、多くの演習問題を通じて、事例の分析の仕方、受験生が間違いやすい盲点などを徹底解説し、テーマごとに合格答案の書き方を徹底的に伝授します。本講座で取り上げるテーマは、わかっているつもりでもなかなか合格点が取りにくい論点ばかりです。本講座を受講することで、確実に実力がつくことが体感できるはずです。

司法試験〈刑法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜

(全15回/45時間)

講座概要
司法試験対策は過去問の検討に始まりそれに尽きると言われています。同一の論点が角度を変えて再び出題されることの多い司法試験〈刑法〉では、過去16年間の問題をあらゆる角度から掘り下げて検討することが不可欠です。本講座では、まず、その問題に含まれている個々の論点について基本原理から掘り下げた論証の仕方を確認します。次いで、その問題に含まれている論点相互の関連を掴み、最後に、当該事案に対する合格答案の作成方法を明らかにします。過去問の単なる解説ではなく、過去問を使って、試験委員が求める重要論点の深い理解とそれに基づいた的確な論述を追求する本格的な講義であり、これにより合格に必要な刑法的思考能力が修得できます。

予備試験〈刑法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜

(全10回/30時間)

講座概要
予備試験対策は過去問の検討に始まりそれに尽きると言われています。同一の論点が角度を変えて再び出題されることの多い刑法では、過去11年間の問題をあらゆる角度から掘り下げて検討することが不可欠です。本講座では、まず、その問題に含まれている個々の論点について基本原理から掘り下げた論証の仕方を確認します。次いで、その問題に含まれている論点相互の関連を掴み、最後に、当該事案に対する合格答案の作成方法を明らかにします。過去問の単なる解説ではなく、過去問を使って、試験委員が求める重要論点の深い理解とそれに基づいた的確な論述を追求する本格的な講義であり、これにより合格に必要な刑法的思考能力が修得できます。

予備試験〈刑事訴訟法〉全過去問から導く合格答案の道しるべ〜理論と実践の1から100まで〜

(全6回/18時間)

講座概要
予備試験対策は過去問の検討に始まりそれに尽きると言われています。同一の論点が角度を変えて出題されることの多い刑事訴訟法では、過去問の問題をあらゆる角度から掘り下げて検討することが不可欠です。本講座では、まず、その問題に含まれている個々の論点について基本原理から掘り下げた論証のっ仕方を確認します。次いで、その問題に含まれている論点相互の関連を掴み、最後に、当該事案に対する合格答案の作成方法を明らかにします。過去問の単なる解説ではなく、過去問を使って、試験委員が求める重要論点の深い理解とそれに基づいた的確な論述を追求する本格的な講義であり、これにより合格に必要な刑事訴訟法的思考能力が修得できます。

基本刑法「実践演習」講座

(全10回/30時間)

講座概要
基本刑法読み込み講座・応用刑法解析講座で修得した知識を「問題演習」を通じて「使える知識」に変換させるアウトプット実践トレーニング講座です。不合格の最大の原因である「論点落とし」をなくすためには、多くの問題演習を行う必要があります。良問とされる旧司法試験の問題を中心とした「多論点型」の演習問題を使い、事例分析の仕方、論点相互の関係、規範定立や当てはめの仕方など合格答案作成のプロセスを分かりやすく説明します。特に、予備試験受験生には、予備試験過去問講座だけでは問題演習が不足するので、それをカバーします。

『ロースクール演習刑法』徹底解析講座

(全10回/30時間)

講座概要
基本的事項を一通り学習した読者を対象に具体的事例において、すでに修得した基本事項をどのように適用して妥当な解決をはかるかというアウトプットトレーニング用の演習書『ロースクール演習刑法』を詳説する講座です。演習書を著者自ら解説するため、独学では分かりにくい出題意図の見分け方、論点の強弱、規範とあてはめのバランス等、答案作成上のポイントを具体的に理解することが可能になり、合格に直結する能力を養うことができます

おすすめリンク集

PAGE TOP