0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

司法試験の制度概要

司法試験受験までの流れ

予備試験制度

受験資格

法科大学院を修了していること、または予備試験に合格すること

※受験期間は受験資格を取得した日後の4月1日から5年間です

願書交付・出願

願書交付:例年11月上旬・中旬〜12月上旬

願書出願:例年11月下旬〜12月上旬

実施時期

例年5月中旬頃

試験日:4日間(1−3日目:論文式、4日目:短答式)

試験概要

短答式
憲法(20〜25問程度/50点満点)
民法(30〜38問程度/75点満点)
刑法(20〜25問程度/50点満点) 全175点満点
論文式
公法系(憲法・行政法)2問/各100点満点
民事系(民法・商法・民事訴訟法)3問/各100点満点
刑事系(刑法・刑事訴訟法)2問/各100点満点
選択科目(知的財産法・労働法・租税法・倒産法・経済法・国際関係法(私法・公法)・環境法から1科目 2問/100点満点

合否判定

短答式試験の合格に必要な成績を得た者につき、短答式試験および論文式試験の成績を総合して判定される。

※なお、短答式試験および論文式試験において最低ラインに達していない科目が1科目でもある者については、それだけで不合格とされる。

合格発表

短答式試験成績通知:例年6月

最終合格通知:例年9月

令和5年司法試験の実施予定時期について

令和5年7月中旬 実施

同年11月上旬 合格発表

司法修習生考試(2回試験)

例年11月

PAGE TOP