【司法試験入門講座】早稲田本校<森クラス>開講!個別受講相談実施中です!

【司法試験入門講座】早稲田本校<森クラス>開講!個別受講相談実施中です!

morikoushi.jpg


早稲田本校にて個別受講相談実施中!!

講座内容や途中入会の場合のスケジュールなど、
なんでもご相談ください!

対面相談だけでなく、電話相談・オンライン相談も対応します。

ご予約はこちらから!
受講相談予約.jpg


◆講座説明会◆

7/19(火)18:30〜20:00

「秋から始める!入門講座<森クラス>の全貌大公開!」

raikou.jpg
Zoom.jpg

担当講師

8A748_160_160.jpg

 
早稲田大学法学部首席卒業&
難関資格多数合格
 
逆算思考のインプット講義
  森 剛士 LEC専任講師



早稲田大学法学部卒業。弁護士。在学中は法曹を目指していなかったものの、早稲田大学法学部を首席で卒業。また、在学中に独学でTOEICRTEST925点、気象予報士試験合格など、多数の資格を取得。こうした経験から、試験で点数を取るコツを体得。もともと人に教えることが好きということもあり、卒業後は学習塾で勤務。分かりやすく引きのある授業が好評を博す。その後、日本最難関クラスの資格試験に挑戦してみたいとの思いから、予備試験・司法試験に受験して合格。勉強の中での徹底した過去問分析により、効率的な勉強法を確立する。弁護士として実務で数百もの案件を経験するも、やはり人に教えることが好きで、自分の勉強法をもっと伝えたいとの思いから、LECで講師を務めるに至った。

入門講座<森クラス>4つの特長

POINT1.理屈・具体例を用いた基礎からの徹底解説

法律の概念は、一見すると非常に分かりにくいものが多いです。しかし、そんな複雑な法律も『理屈』(法律の趣旨や背景)を理解することで、分かりにくく思えた法律がすっきりと整理できる瞬間が訪れます。
森講師は、初学者の目線で、法律の裏にある核心まできっちり丁寧に説明します。抽象的な法律論は、なるべく具体例を用いて解説します。講義を通して、分かりにくかった法律も「そういうことか!」という納得感を感じながら勉強を進めていくことができます。

POINT1


POINT2.法学部定期試験レベルから『論文の書き方』を指導

法律論文試験は、単純に知識を吐き出すことでは得点につながりません。事例問題であれば、事例に即した解答が求められます。しかし、大学の講義では論文答案の書き方についてしっかり学ぶ機会は少ないです。森クラスでは、Point1でインプットした知識を、論文問題ではどのように表現するかを伝授します。はじめは法学部の定期試験レベルの問題を題材に、論文問題の検討の仕方を学んでいきます
首席で卒業した森講師が、大学時代にどのように学習していたかも織り交ぜながら講義を行います。


POINT3.大学の成績アップにもつながる実践的な『点数の取り方』も徹底指導

予備試験では、『点数の取り方』を知っているか否かが合否を左右します。『点数の取り方』とは、論文問題において『点数の所在を知る』ことです。これを修得しておけば、出題者の意図を踏まえた点数に結び付く論述ができるようになります。これは、大学での成績アップに直結します。また、インプットの段階から点数の取り方がわかっていると、膨大な法律知識の中から『試験に必要な法律知識』を選び抜いて重点的に学習することができます。私の講義では、私が作成した『解答の見本』をもとに、点数が取れる解答の型を自然と身に付けることができます

POINT3


POINT4.少人数制・生講義だから講師と受講生の距離が近い

大人数での講義の場合、講師1人で受講生全員のサポートをすることがなかなか難しいです。特に、限られた時間で皆さんの質問へ対応することは困難といえます。この点、森クラスでは少人数制を採用し、皆さん一人一人の質問・相談にしっかり対応できる体制を整えています。もちろん、森講師がダイレクトにお答えいたします。講義時間外に、質問・相談の場を設けますのでそこで直接質問・相談をしてください。森講師が直接対応することで、皆さんの学習進捗を個別に把握でき、一人一人に適切なアドバイスが可能となります。また、勉強を効率化して試験へ向けての正しい学習を進めることができます。講義⇒復習(疑問点を発見)⇒質問⇒理解を繰り返すことで、皆さんの知識は盤石なものになります

森クラス講座説明会・模擬講義動画

森クラス講座説明会動画

森クラス講座説明会動画
動画を再生する

森クラス模擬講義(民法:虚偽表示)

森クラス模擬講義(民法:虚偽表示)

MENU