0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

法律初学者向けカリキュラム・コース一覧

法律初学者向けカリキュラム・コース一覧

カリキュラム

短期合格を可能にするLECの学習カリキュラム、その3つのポイントが、LECの伝統的な1.LEC体系、2.INPUT×OUTPUT学習、3.3STEP学習です。
これぞ、LECが独自に考案し、開発した学習システムです。

ストロングポイント
・一人の講師による7科目一貫指導
・演習(output)も標準装備
入門講座カリキュラム

短期間で確実に合格へ導く段階的カリキュラム(3STEP学習)

LECは41年にわたる指導経験からリーガルマインドの修得に不可欠な基本的法律知識・考え方を抽出しました。この基本的事項を「入門講座・論文基礎力養成答練」(STEP1)で学習した後に「合格答案作成講座・ハイレベル論文答練」(STEP2)、「短答合格講座・ハイレベル短答答練」(STEP3)でより高度な知識及び短答試験・論文試験の解法テクニックを補充するカリキュラムを採用しています。この3STEP学習によってリーガルマインドの修得を確実にし、段階的に無理なく合格に必要な実力を蓄えることができます。

STEP1:入門/基礎固め

Input 入門講座(Zoom配信)
概要 法律知識ゼロの方にも合格に必要な知識の90%を修得できる
回数
  • 全体構造編 1回
  • 民法 24回
  • 憲法 14回
  • 行政法 9回
  • 刑法 18回
  • 商法 13回
  • 民事訴訟法 14回
  • 刑事訴訟法 14回
ねらい 法律を学ぶ際に一番重要なリーガルマインドを修得し、7科目の基本的事項を学習します。日常生活ではあまり使用しない法律用語も、具体例を使ってわかりやすく説明しますので、初めて学ぶ方でも安心して受講していただけます。司法試験に必要な知識の9割が身に付き、その9割に関しては100%理解することができます。
使用教材 セブンサミットテキスト、講師オリジナルテキスト(いずれも受講料に含まれます)のPDFを開く
Output 論文基礎力養成答練
概要 入門講座でインプットした知識を答案に表現する能力を養成!
回数
  • 書き方の基礎 1回
  • 民法 7回
  • 憲法 5回
  • 行政法 4回
  • 刑法 6回
  • 商法 4回
  • 民事訴訟法 4回
  • 刑事訴訟法 4回
ねらい 実際に論文を書いてみます(27通)。もちろん添削つきです。一度も法律論文を書いたことがない方がスムーズに演習に入れるように講座の冒頭に論文の書き方講義を設けています。また、各回、答練の後に解説講義もついているので、分りにくい点はすぐに解消できます。そして、毎回、次回のための「プレ講義」を行います。プレ講義では、次回のテーマと同じテーマを扱う問題を取り上げ、どのように論述すればよいのかを解説します。これを聴く事で次回前に予習することができ、本当の論述力を鍛えることができます。
使用教材 問題・解説冊子、書き方の基礎レジュメ

STEP2:論文対策

Input 合格答案作成講座(Zoom配信予定)
概要 膨大な問題の分析を通して論文答案作成能力を修得!
回数

予備試験論文過去問全問収録!
各科目最大100問

  • 憲法 9回
  • 民法 14回
  • 刑法 9回
  • 商法 8回
  • 民事訴訟法 8回
  • 刑事訴訟法 9回
  • 行政法 6回
ねらい 入門講座で知識をインプットしただけでは論文式試験の問題は解けません。論文式試験の問題を解くためには、沢山の問題を通して論点の抽出方法などの問題解法のスキルを修得する必要があります。本講座では、そうした問題解法のスキルを身につけていきます。経験豊富な講師が問題解法のスキルを余さず説明していきます。また、本講座の問題集には各科目最大100問もの問題(厳選した旧司法試験・予備試験・法科大学院の過去問、LECオリジナル問題)が収録されております。
使用教材 オリジナル問題集、定義集、論証集のPDFを開く
Input 法律実務基礎講座[講義編]
回数
  • 法律実務基礎 民事6回
  • 法律実務基礎 刑事5回
ねらい 予備試験論文式試験では、入門講座、論文力完成講座で学ぶ基本7法に加えて、「法律実務基礎」科目も試験科目となっています。法律実務基礎講座は、この予備試験特有の「法律実務基礎」について、知識と解答スキルを修得する講座です。講義編と演習編の2部構成となっており、まず講義編では、民事・刑事の2つのパートに分けて、民事・刑事それぞれについて法律実務の体系や知識をインプットします。そして、演習編で固有の論文作成術などの実践力を鍛えるという形で、着実に実力を修得することができます。
Output ハイレベル論文答練
概要 予備試験本試験と同じ時間・形式の問題で徹底訓練!
回数 ※本試験6回分の問題演習
ねらい 実際の予備試験と同様の科目構成・制限時間で行う、論文合格のための上級講座です。予備試験では、基本的知識を前提に応用力が問われる問題が出題されます。そのような問題に対応するためには、本番レベルの予想問題について制限時間内に答案を作成する訓練を行う必要があります。本答練を受講することで、応用問題に対する答案作成能力を養い、論文合格を確実なものとします。
使用教材 オリジナル問題・解説冊子
Output 法律実務基礎講座[演習編]
回数
  • 法律実務基礎 民事3回
  • 法律実務基礎 刑事3回
ねらい 予備試験論文式試験では、入門講座、論文力完成講座で学ぶ基本7法に加えて、「法律実務基礎」科目も試験科目となっています。法律実務基礎講座は、この予備試験特有の「法律実務基礎」について、知識と解答スキルを修得する講座です。講義編と演習編の2部構成となっております。演習編では、固有の論文作成術などの実践力を鍛えるという形で、着実に実力を修得することができます。

STEP3:短答対策

Input 短答合格講座(Zoom配信予定)
概要 短答に必要な知識と解法を的確かつ効率的に修得!
回数
  • 憲法 6回
  • 民法 8回
  • 刑法 6回
  • 商法 5回
  • 民事訴訟法 5回
  • 刑事訴訟法 5回
  • 行政法 5回
ねらい 短答式試験で最も重要な教材は過去問です。過去問を制する者は短答を制するといっても過言ではありません。本講座では、平成23年〜最新年度の司法試験・予備試験の過去問を系統別に学習していきます。系統別に学習するので入門講座で学習した内容を復習するためのペースメーカーとしても利用できる内容となっています。
使用教材 オリジナルテキスト
Output ハイレベル短答答練
概要 予備試験本試験と同じ時間・形式の問題で短答攻略!
回数 ※本試験6回分の問題演習
ねらい 予備試験と同様の科目構成・制限時間で行う、短答合格のための上級答練です。予備試験においては、短答に合格しないと論文式試験を受験することができないため、短答合格は予備試験合格のための第一関門として非常に重要な試験です。本答練では、多くの問題を解くため、その過程で、テキストを読んだだけでは身に付きにくい短答固有の知識も習得することができ、合格がより確かなものとなります。
使用教材 オリジナル問題・解説冊子

※STEP1〜3の各講座はお選びいただくコースや講師により回数が異なります。あらかじめご了承下さい。

リアルタイムZoom配信完備
通学受講の方はもちろん、通信受講の方もZoomでご受講可能です。
【LEC入門講座受講生限定】
合格サポート制度※1予備試験合格後の司法試験対策講座を無料で進呈※2いたします!
※1 入門講座(7科目一括以上)、スマホで司法試験S式入門講座(基礎編一括以上)をお申込の方で、合格サポート制度利用を申請いただいた方
※2 進呈する司法試験講座は別途ご案内いたします。また、進呈には合格体験記提出等諸条件がございます。登録時にご確認下さい。

上記カリキュラムを学習するうえで、ご自身の学習環境や学習開始時期や、志望進路など様々です。
LECでは、皆様のご要望におこたえするため、以下4つのコースをご用意しております。

コース①1.5年合格コース

2023年予備試験合格目標/法科大学院入学2023年・2024年合格目標
1.5年間の学習期間で予備試験合格・難関既修法科大学院を目指すLECのスタンダードコースです。

1.5年間の学習期間で予備試験合格を目指すLECのスタンダードコースです。法科大学院対策オプションも無料でご受講いただけます(希望者のみ)。予備試験・難関法科大学院どちらも目指せるコースです。

司法試験 入門講座2020年秋生
対象者 大学1・2年生向け、社会人向け
余裕を持ったスケジュールで予備試験合格を目指したい方
目標年度 2023年予備試験合格
学習期間 1.5年
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師
2年カリキュラム

コース②予備試験1年合格専用コース

予備試験2022年合格目標
最新年度の講座を受けながら1年で予備試験合格を目指す<田中正人>講師一貫指導のオリジナルコースです。

何としても1年で予備試験に合格したい方、1年合格専用の入門講座を最新年度で受講したい方。

予備試験1年合格専用コース
対象者 大学1・2・3年生、社会人向け
学習時間が十分に確保できる方
目標年度 2022年予備試験合格
学習期間 1年
担当講師 田中講師
予備試験1年合格専用コースカリキュラム

コース③1年スピードマスターコース

2022年予備試験合格目標/2022年・2023年法科大学院入学目標
2020年(収録済み)入門講座を使用することで、ご自身のペースで学習を進めていただき、1年で予備試験合格を目指すコースです。(難関法科大学院既修コースも対応しております)

収録済みの講義でスピード学習!

収録済みの講義を使用。だからどんどん前に進める。法科大学院対策オプションも無料で希望者は受講可能です。予備試験・難関法科大学院どちらも目指せるコースです。

司法試験 入門講座2020年春生
対象者 大学3、4年生・社会人向け
学習時間が十分確保できる方
目標年度 2022年予備試験合格
学習期間 1年
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師
スピードマスターコースカリキュラム

コース④難関法科大学院(既修)合格コース

22023年法科大学院入学目標
確実に司法試験受験資格を取得したい方向け。難関法科大学院(既修了コース)の授業料免除合格を目指します。

法科大学院ルートで司法試験を目指す!

確実に司法試験受験資格を取得したい方に、難関法科大学院(既修コース)を目指す。

司法試験 入門講座2020年春生
対象者 大学生・社会人向け
難関法科大学院(既修コース)を目指す方
目標年度 2023年法科大学院入学
学習期間 1〜2年
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師
難関コースカリキュラム

パック/単科講座

まずは基礎固めから

【21春生】法律科目基礎パック

STEP1(「入門講座」と「論文基礎力養成答練」)だけがセットになったコース

司法試験 入門講座2020年春生
対象者 軸となる基本事項だけを学習したい方
目標年度 2022年、2022年予備試験合格、2023年法科大学院入学
学習期間 6ヶ月〜
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師

科目別でもご受講いただけます

【入門講座】

STEP1 「入門講座」のみでご受講をいただく講座です

司法試験 入門講座
対象者 軸となる基礎事項のみを身につけたい方、科目別の弱点補強をしたい方
目標年度 2023年予備試験、2023年法科大学院入学
学習期間 1ヶ月〜
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師

一発合格講座

<一発合格>入門講座

収録済み教材(2021年に収録された入門講座)を一括でお届け!

一発合格講座
対象者 軸となる基礎事項だけを学習したい方
目標年度 2022年予備試験合格
学習期間 2ヶ月〜
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師

<一発合格>短答合格講座

収録済み教材(2021年に収録された短答合格講座)を一括でお届け!

一発合格講座
対象者 すぐに短答対策を始めたい方
目標年度 2022年予備試験合格
学習期間 2ヶ月〜
担当講師 田中講師

入門講座を無料で受講できます。

おためしWeb受講 入門講座

民法1〜5回を複数の講師で聞き比べてみよう!無料でLECの受講システムを体験してみましょう!

おためしWeb受講 入門講座
対象者 司法試験の講座受講を検討中の方
学習期間 数分〜最大15時間まで自由にご受講できます。
担当講師 田中講師・武山講師・赤木講師

教材

教材 教材

入門講座担当講師別ゼミ

LECでは、入門講座を1人の講師が7科目一貫で科目間のバランスや関連性に配慮した効率のよい学習が可能です。入門講座に加え、各講師オリジナルゼミがコースに付属!
入門講座でインプットした知識がより定着し、司法試験予備試験を短期合格も可能とするLEC講師オリジナルゼミです。

田中講師オリジナル「論文基礎力養成ゼミ」Zoom配信あり

論文基礎力養成ゼミでの田中講師直接添削(※1)・論文指導
論文で問われる最重要事項については、1年目からアウトプットを強く意識し、事例問題の論文答案が書けるよう講義を進めていきます。その上で、論文の解き方・書き方を確実に習得するため、入門講座の各科目終了後から開始される【論文基礎力養成答練】(※2)に完全にリンクする【論文基礎力養成ゼミ】を実施。ゼミでは、答案を田中講師が直接添削して指導を行うことに加え、答練と密接な項目・範囲の中から田中講師が厳選した重要問題を「論文指導」の形で講義を行うことで、重要事項を「論文を書く」という観点から復習し、定着させます。
※1 田中講師直接添削は渋谷駅前本校通学お申込の方限定のオプションとなります。
※2 2年コースに含まれる、論文をはじめて書く方向けの演習講座。
POINT2

武山講師オリジナル「論文の書き方ゼミ」Zoom配信あり

1年間で論文を書けるようにするため、武山講師自ら直接添削!本気で1年合格が目指せる!
受講生からのご要望を反映!さらにパワーアップ!武山講師が皆様の答案を直接添削します!予備試験・司法試験・法科大学院入試(既習者枠)の一番の山は論文試験です。LECでは本来、2年目に論文の問題演習をします。
しかし、2年目から論文を書き始めても、なかなか身につかない方も多いです。また、あわよくば1年で予備試験に合格したい人もいるはず。そこで、武山入門講座を受講している方限定に、双方向で論文の書き方をまず学び、講師指定問題を実際に書いていただき、講師自らが添削するオプションを用意いたしました。奇数回が答案の書き方ゼミ、偶数回では、ご自身が作成した答案を確認しながら答案ポイント解説講義をご受講いただきます。ぜひ武山入門クラスで論文の書き方を早くから身に着けてください。
武山講師オリジナル「論文の書き方ゼミ」

赤木講師オリジナル「論文の書き方ゼミ」Zoom配信あり

梅田駅前本校 入門赤木クラス通学申込者限定
入門講座(赤木ゼミ)では、不定期で30分程度の「課外ゼミ」を実施いたします。 課外ゼミでは<定義・趣旨・要件>などの基本事項の復習はもちろん、難関ロースクール入試や予備試験の論文過去問を使った実践的な問題も扱います。入門講座と課外ゼミを受講することで知識がより定着します!
赤木講師オリジナル「論文の書き方ゼミ」
  • ※実施日程、回数につきましては、梅田駅前本校にお問い合わせ下さい。
  • ※事前課題がございます。課題については、入門講座内でご案内いたします。

LECのフォローアップ制度

LECの司法試験入門講座では、司法試験予備試験合格のため、様々なフォロー制度をご用意しております。

LECのフォローアップ制度

LECの入門講座

司法試験の受験指導41年以上を経て変わらないもの
それが司法試験対策の真髄がLECの「入門講座」です。

1.効率的に学べる学習体系!

効率的学習を実現!合格に必要な90%の知識の習得が可能!
LEC入門講座の学習体系は、司法試験短期合格を目指すために編み出された体系です。左記の図のように各科目には関連性があります。それぞれの法律にリンクさせ理解が深まるよう設計されています。また、7科目を一人の講師が担当することで、法律間でのリンクはより強固なものとなりより深い理解が可能となっています。
合格までに要する学習時間

2.論文基礎力養成答練(添削付アウトプット講座)を組み合わせるとさらに学習効率アップ

インとアウトで知識が定着、自然と身に付く論文力
早い段階から論文答練を書くことは合格の近道です。分かったつもりでも実際に書いてみると書けないことが往々にしてあるからです。論文基礎力養成答練では、入門講座の受講が終了した範囲から論文答練が進み、入門講座と論文基礎力養成答練がしっかりとリンクしています。また、答練の前にどのように書いたらよいかを解説するプレ講義がついており、自然と答案作成能力が身に付くよう設計されています。
インプットとアウトプットの繰り返しにより、知識をスムーズに定着させます

3.1人の講師が7科目一貫指導だから安心!

1人の講師が全科目担当
法律をはじめて学ぶ方にとっては、全ての科目が未知数でしょう。どの科目をどれだけ深く学習したらよいのか、自分の苦手分野も分かりません。法律科目7科目は相互に関連しており、科目相互の関連性が重要です。そのため、7科目をばらばらの講師が教えると場合によっては科目の関連性にも配慮しきれず非効率な学習となります。その点、LECの入門講座では、7科目を1人の講師が教えるので、科目間のバランスや関連性に配慮した効率よい学習が可能となっています。

4.指導実績豊富な講師陣

入門講座 担当講師

LEC専任講師

Tanaka Masato 田中 正人 LEC専任講師

東京大学法学部卒、弁護士。大学卒業後、民間企業での社会人経験を経て、予備試験に向けた勉強を開始。約2年間の学習期間を経て、論文式試験32位の成績で予備試験に上位合格。その後、司法試験に一発合格。予備試験の傾向を徹底的に分析し、予備試験合格に特化した指導法を確立した。大手大学受験予備校をはじめとした各種講師としての指導経験も豊富で、学習者の理解度を踏まえた、臨場感あふれる分かりやすい講義には定評がある。

講師紹介ページ

LEC専任講師

Takeyama shigeki 武山 茂樹 LEC専任講師

京都大学法学部、同法科大学院修了。弁護士(第二東京弁護士会)。司法試験予備試験、旧国家Ⅰ種試験(現国家総合職)最終合格。 ロースクールも修了したが、なかなか司法試験に合格できなかった。一旦は試験を諦めようと考えたが、その後スキマ時間を活用し、論文試験に的を絞った学習で働きながら第1回予備試験に合格。
その実体験から、予備試験、ロー入試、国家総合職試験全てに対応できる。また、早期合格のルートとなかなか合格しないルートの見分け方を伝授できる、数少ない講師である。

講師紹介ページ

LEC専任講師

Akagi shinya 赤木 真也 LEC専任講師

弁護士。京都大学法学部卒業。立命館大学法科大学院などから委託されたゼミの講師として招聘され、持ち前の面倒見の良さで受講生から絶大な支持を得ている。LECでは、『入門講座』を始め、2年目の『合格答案作成講座』、司法試験対策の『論文パーフェクト答練』民事系解説をご担当。自身は、勉強開始からわずか2年、3%弱の合格率の旧司法試験を、在学中に初受験で突破する。赤木クラスでは、その自身の経験から生み出した司法試験一発合格の理念である、『当たり前』のことを実践する勉強方法や姿勢を随時お伝えし、また、受験に役立つ“弁護士の発想”を随時紹介するなどして、最短合格のための秘訣を余すところなく伝授する。

講師紹介ページ

PAGE TOP