LEC東京リーガルマインド・京都本校

5分でわかる!公認会計士試験とLEC公認会計士講座のご案内

5分でわかる!公認会計士試験とLEC公認会計士講座のご案内

公認会計士試験とLEC公認会計士講座について5分で解説致します!

公認会計士の試験情報

詳しくは公認会計士・監査審査会のHPをご覧ください。

受験資格 なし(短答式試験はどなたでもご受験できます)
本試験時期

短答式試験:5月・12月
論文式試験:8月

受験形式 短答式試験:マークシート択一式
論文式試験:科目別の筆記試験
試験の免除 有(短答式試験:合格後2年間短答免除)

公認会計士試験の最大の特徴ととして、マークシート形式の短答式試験と論述形式の論文式試験の2種類があります。

ただし、短答式試験については、合格した場合2年間短答式試験を受験しなくて良いという免除制度があります。

すなわち、短答式試験さえ合格してしまえば、その後は論文式試験に集中できるという構造になっているのです。

LECの公認会計士講座

LECでは公認会計士の短答合格による試験免除制度に着目して、短答式試験を目指す講座と論文式試験を目指す講座を分けて提供しています。今回は短答合格に向けたコースをご案内致します。

短答合格コース(春生) (クリックすると案内ページにジャンプします)

短答合格コースでは、まず「短答入門講座」で短答式試験合格に必要な、知識と計算力をインプットしていただき、合格に必要な重要必須知識を勉強していただきます。

その後、「短答入門答練」で演習をこなすことで、問題の解き方をマスターしながら

「短答式公開模試」で学んだ知識の定着度を確かめていただきます。

模擬試験を受け終わった後は、1回目の短答式試験に挑戦することをおススメいたします。(春生であれば2021年12月試験)

1回目の試験で合格できれば、論文式試験に進むことになりますが、合格できなかった場合も「短答上級答練」で理論と応用を、「短答計算力ブリッジ講座」で計算力を、「短答ポイントアップ答練」で本試験レベルのアウトプットを仕上げていくことになります。

短答特化にしていることで、初めて会計士試験の学習をされる方にも安心して学習できるコースとなっております。

↓下記のカリキュラムで進行していきます。↓

22spring_sche.png

hujita400×400guts2.png以上がご案内となります。

公認会計士試験やLECのコースについて、より詳しい話を聞いてみたい場合は、

こちらからご相談のご予約をお取り下さい!

お電話でのご相談もお待ちしております!(TEL:075-353-2531)

公認会計士

MENU