0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

受講相談 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

矢島の論文完成講座

矢島の論文完成講座

講座概要

本講座(略称:矢島の【論完】)は、論文試験に合格するための事例分析能力、法的思考力、本番の試験で合格点を採る答案作成のコツを、短期間で修得するための講座です。講義で使用する教材は解答例を含め全て矢島講師が責任を持って作成しており、問題文中の事実に対してどのように評価をすれば試験考査委員に高評価を受けられるかなど、合格するためには是非とも修得しておきたいことを分かりやすく講義していきます。論文試験の答案の書き方が分からないという受験生はもちろん、答案の書き方はある程度修得しているのに本試験で良い評価を受けることができないという受験生が、確実に合格答案を作成する能力を修得できるように矢島講師が分かりやすい講義をします。なお、教材及び講義の内容は、2021年度の試験の出題範囲とされている法改正や最新の判例に全て対応しているので、情報収集の時間を省略して、全ての時間をこの講座の受講と復習にかけて効率よく受験対策をすることができます。

講座の特長

1.論文対策はこの講座だけで完璧にできる

限られた時間で論文対策をするには検討すべき問題を次年度の試験の合格に必要なものに限定する必要があります。そこで、本講座は、次年度の論文試験の合格に必要な知識や法的思考能力を効率よく修得するのに必須の司法試験の過去問、近年の試験の形式に合わせた司法試験の改問やオリジナル問題、知識の隙間を埋めることができる予備試験の過去問を、試験対策上必要な数に絞り込んで取り扱っていきます。取り扱う問題を合格に真に必要な数に絞り込んでいるので、途中で挫折せずに合格に必要な論文作成能力を確実に修得できます

2.矢島講師が責任をもって作成した解答例

合格者の再現答案には不正確な部分があり、こうした解答例を元に学習をすると、悪いところを良いところだと勘違いして、誤った思考方法を身につけてしまうおそれがあります。本講座で使用する解答例は、出題趣旨や採点実感を踏まえて試験考査委員が要求する合格答案となるよう、矢島講師が責任をもって作成しています。矢島講師作成の解答例は法的な正確性が高く、解答例中の法的な規範のところは、そのまま論証例として使うことができ、あてはめのところは、規範に事実を当てはめる際の事実の評価の仕方を学ぶ教材として用いることができるため、論文試験用の最強のインプット教材になること間違いなしです。矢島講師の解答例なら繰り返し復習して正しい法的思考能力を修得することができるので、余計なことを考えずに安心して受験勉強に専念できます。

3.最近の試験の傾向に合わせた試験対策を実現

ここ2、3 年のうちに司法試験の論文試験の出題傾向が大きく変化した科目があります。出題傾向の変化は、出題の形式を見ただけで分かるものもあれば、出題の形式にはそれほどの変化がなくとも、問題文、出題趣旨、採点実感を併せて読むと質に変化のみられるものがあります。本講座では、日ごろから論文過去問をしっかりと分析している矢島講師が、科目によっては過去問を改問したり、傾向にあったオリジナル問題を作成したりして、近年の試験の傾向に合わせた試験対策ができようにしています。

オリジナルテキスト

矢島の論文メイン問題集2021・矢島の論文補強問題集2021

答案例は矢島講師自ら全て作成!

論文試験を通年研究している矢島講師がオリジナル答案を自ら作成!

矢島講師の答案サンプルのPDFを開く

矢島の論文メイン問題集2019・矢島の論文補強問題集2019

オリジナルテキストのPDFを開く

実施内容・取り扱い問題

実施内容・取り扱い問題

実施内容のPDFを開く

担当講師

LEC専任講師

受験指導を生きがいとする熱血漢

Yajima Junichi 矢島 純一 LEC専任講師

最終学歴 明治大学法科大学院
保有資格 司法試験合格(2010年)
担当
  • 矢島の速修インプット講座
  • 矢島の論文完成講座
  • 矢島のスピードチェック講座
  • 矢島の最新過去問&ヤマ当て講座
  • 矢島の短答対策シリーズ
  • 選択科目総整理講座[矢島の労働法]
  • 矢島ゼミ 他
矢島のオリジナル講座シリーズページへ

講師メッセージ

論文試験で合格答案を作成できるようにするには、日頃学習している重要基本知識を、問題文の形式や誘導に合わせて理論構成した上で、具体的事実に対する評価を十分に加えて結論をだす能力が必要です。この講座では、私が責任を持って作成した教材を用いて、試験本番に合格点を採る能力を身につけてもらえるようにしっかりと講義をしていきます。もちろん、近年の試験傾向の変化にも対応できるようにしています。受験生を確実に合格に導きますので、大船に乗ったつもりでついてきてください!

矢島講師ページへ

矢島の論文完成講座出身!2019年司法試験合格者の声

樋田 早紀さん(27歳)

2019年司法試験合格者

答案例の質の良さと解説の丁寧さが抜群の講座でした。私は、予備試験の受験生の頃からこの講座をとっていましたが、矢島先生の答案は、論証を切り貼りしたようなものではなく、よく考えて作成されているため、とても記憶に残りやすく、かつ良い意味で真似しやすいものでした。そこで予備試験当日はこれを一生懸命真似して論文を完成させました。司法試験の受験の時は、主に過去問演習のためにこの講座を利用しました。出題の趣旨と採点実感が1冊にまとめられ、しかも随所に装飾が施されており、自分でこれらを逐一印刷して読むよりも格段に効率的に過去問演習をすることができ、この点がよかったと感じています。おそらくこの講座がなければ予備試験とそれに引き続く司法試験をいずれも1回で合格することはできなかったと思います。インプット講座と合わせて私にとって必須の講座だったと感じています。
合格体験記の詳細ページへ

K・Rさん(34歳)

2019年司法試験合格者

論文完成講座は、矢島講師自身が毎年改定作成の答案とその分析解説テキストを用いて行う論文講座です。その最大の売りは、やはり矢島講師自身が時間を図り時間を意識した上で作成した現実的な司法試験の合格答案を読むことだけでも現実的に自分でも書けそうな合格答案について具体的にイメージができることです。それに加えて、矢島講師の「ここの論述は問題文にこういう記述あるから、こういう意図でこういう論述をしている」「ここは短くまとめて書ききる」といった具体的な論文試験についてのアドバイスも得られる点が非常に参考なりとてもよかったです。また、司法試験過去問だけでは網羅しきれない論点(例えば刑法の原因において自由な行為)についても旧司法試験の問題もしっかりカバーしてくれるので安心してこれだけをやることに専念できました。
合格体験記の詳細ページへ

S・Sさん(43歳)

2019年司法試験合格者

矢島先生のオリジナルの解答例がキーワードを重視した構成となっており、自分が答案に書く頻出論点の書き方の参考になりました。条文の引用が正確かつ丁寧になされており、高い評価を得られるための要件を意識することができました。補強問題集もあることで知識の穴がなくなり、出題予想をしながら学習することが可能になるため、学習効果が高かったです。
合格体験記の詳細ページへ

H・Sさん(36歳)

2019年司法試験合格者

矢島の論文完成講座は、司法試験過去問を分析する上でとても有用でした。この講座は、論文試験で必要となる知識かつ短答試験でも有用な知識も学べますし、定義や趣旨、判例の解説等も過不足なく記載されておりとても勉強になりました。なにより、実際に検討した(マーカーや注意書きなど)問題文も載っており、どのように問題文と向き合えばよいのかも勉強できました。そして、2時間という時間の枠の中で現実的な答案が示されているので、それを参考に合格答案の型や方向性が学べました。
合格体験記の詳細ページへ

S・Hさん(47歳)

2019年司法試験合格者

矢島の論文完成講座を受講するまでは、予備試験の勉強しかしていませんでしたので、司法試験の論文の問題の実物を見たのはここが最初でした。講座は、本編の方で平成24年から最新の平成30年までの過去7年分の選択科目を除く全科目が網羅されており、補強問題集の方でも21年、22年、23年の問題は収録されていること多かったので、概ね10年程度の過去問の講義を聴くことができました。最初に問題文を読んだときは、正直相当手ごわく感じ、自分の手におえるのか不安でしたが、まずは、一通り講義を聴くことを優先しようと思い、講義を聴く前に問題文を読んで答案構成をした上で、講義を聴きました。1か年分の講義時間が概ね1.5時間程度と充実しているうえ、矢島先生の講義は非常にわかりやすい言葉で明快に解説いただくものであり、その問題では何が聞かれていて、どのように回答を作成すればよいのか、丁寧に説明いただきました。この問題なら、ここで深堀して頑張れば、他に差をつけることができ、合格答案になるなど具体的な指導をしていただきました。一通りすべての過去問の講義を聞いたのちは、1問ずつ答案用紙に自分の手で書いて、そのあと解説を読み、そして講義を再度聞きました。これを全科目3周ほど行ったと思います。自分の手で書いて、解説を読んで、講義を聴くと5時間以上はかかるので、1日に多くて2問しかできませんので、受験期間中は、基礎的な記憶固定作業以外は、過去問の繰り返しを行っていました。矢島の論文完成講義で、良質な講義をしていただくことができ、これを繰り返したことが、司法試験の勉強を始めて8か月で合格できた最大の要因であると自分では認識しています。
合格体験記の詳細ページへ

仲野 正識さん(27歳)

2019年司法試験合格者

司法試験合格には過去問研究が不可欠であるので、本講座を受講しました。矢島先生作成の答案例は、思考過程が自然と頭に入ってくるだけでなく、受験生が再現できる文体で書かれていたので非常に参考になりました。講義では、事案の特殊性に踏み込んで解説して下さったので、あてはめの力を伸ばすことができました。また、論文補強問題集には予備試験の問題が掲載されていたので、幅広く知識を得ることができました。
合格体験記の詳細ページへ

Y・Mさん(29歳)

2019年司法試験合格者

それまでは判例百選で勉強していましたが、過去問の出題趣旨と採点実感を読み込むことの重要性をこの講座で初めて知りました。民事訴訟法の自白の不可撤回効については、単に自己責任、禁反言によるものではなく、裁判所に対する審判排除効を通じて初めて生じる、といった議論は過去問の出題趣旨を読んでないとわからないと思いますが、今回はそれに関する議論が出たので大変、為になりました。これも矢島の論文完成講座で取り上げてくれたからだと思います。
合格体験記の詳細ページへ

講座スケジュール

講座スケジュール(PDF)

お申込

PAGE TOP